WORKS / 事業内容

ヒカカク!

なぜ「売る」は比較できないのか。「買う」の価格や品質は比較できるのに

日本最大級の買取価格比較サイト「ヒカカク!」は、1人の大学生が感じた小さな疑問からスタートした。

「古本を売りたいだけなのに、信頼できる店を見つけるのに数店舗を歩き回った。こんな行為は効率が悪い」と当時22歳の麻生(現ジラフ代表取締役)は感じたという。
そんな日常への不満からスタートした小さなウェブサービスは、今や、月間で100万人以上が閲覧する巨大サイトに成長した。

90万点以上の商品について最適な売り先を調べることができる。
歩き回って店舗を比べる必要も、騙されて安く買い叩かれる心配も今や無くなったのだ。

CtoC(フリマやオークション)を使えばいいじゃないか

ヒカカク!のサービスを説明するとき、「CtoCより何が優れているのか」と質問されないことは殆ど無い。
ヒカカク!は、買取業者の査定額を比較するウェブサイトだ。ものを売る時には、業者を経由する分、買取価格はCtoCより当然安くなる。
ただ、CtoCは本当にお得だろうか。
詐欺にあう、交渉に時間がかかるなどの話を聞かないだろうか。
ものを売るという行為は、本来「古物商」という専用資格を持った人間が行う高度な商取引だ。
この既存ネットワークを用いて、ヒカカク!は安全で簡単 -結果として最高値での売却を可能にしている。

日本のライフスタイルを変える

すでに100万人が利用するヒカカク!が目指すのは、日本人の生活そのものを変えていくことだ。
現在、日本人で「売る」という行為をする人は40%しかいないと言われている。
つまり、簡単に考えると世の中の60%は無駄に捨てられている。
世界の人口が増え続ける中で、この無駄遣いは問題だ。
食糧危機や水不足が取り上げられるが、他の製品も例外ではない。
「売る」という行為をもっと身近にして、日本を国際競争力のある未来型社会へと変えていくことが、ヒカカク!のミッションだ。